小郡市で整体なら「つばさ鍼灸整骨院」

梨状筋性坐骨神経痛とか梨状筋症候群という言葉を聞いたことがありますか?

もしかしたらあなたのそのお尻の痛み、腰の痛みは梨状筋が原因かもしれません。

病院では診断が難しいため、原因不明と診断されているかもしれません。

今回は、お尻の痛み、腰の痛みの原因にもなる

「梨状筋症候群」についてお教えしていきます。

 

梨状筋症候群とは?

梨状筋はお尻の深い所にある筋肉で、その下を坐骨神経が通っています。

その梨状筋が硬くなってしまったり、緊張してしまったりすることで

坐骨神経を圧迫し、症状を引き起こす病態を「梨状筋症候群」と呼び、

坐骨神経痛を引き起こす原因の一つとして知られています。

お尻の痛み

症状としては、おしりの外側あたりに痛みがあり、太ももの後面にかけて

しびれが出ることもあります。      

長く座っていると症状は強くなり、歩くと楽になることもあります。

草むしりなどの中腰やゴルフなどのスポーツ、長時間の運転など、

梨状筋に負担のかかるようなことで起こりやすいです。

 

こんな症状はありませんか?

  • 太ももの裏、ふくらはぎ、足先まで痺れが起こる。
  • 座っていると悪化することが多い。
  • 腰を前屈させると、足の痺れが強くなることがある。
  • 痺れている側を上にして横向きになると、痺れが悪化することがある。
  • 痺れは『鋭い』、『ビリビリ』『電流が走るような』、『灼熱感』などと感じることが多い。

お尻の痛み

 

梨状筋症候群の原因は・・・

発生原因の一つとして考えられるのは臀部打撲や股関節捻挫です。

また、ぎっくり腰から腰痛が慢性化した場合です。

その他に、スポーツや仕事などにストレスが加わったりして発生する場合もあります。

怪我から起こったり、長時間の座位によって圧迫されたりすることなどが

関係することもあります。

デスクワークなどでしばらく椅子に座っていることで、お尻の尖った骨の部分(坐骨部)が痛み、

大腿部(太もも)の後が引きつれるように痛むようになることもあります。

パソコン作業 事務作業

 

病院などでのレントゲン検査では、初めから梨状筋症候群と診断されることはまずありません。

坐骨神経痛やヘルニアと診断されることが多く、治療の過程で改善が見られなく

梨状筋症候群が疑われることが多いのです。

 

梨状筋症候群対策!簡単ストレッチ法

ストレッチは、すでに梨状筋症候群にかかっている方が行なっても有効ですが、

全く症状がない方が行なっても、梨状筋症候群の予防になるのでぜひ習慣にしてくださいね。

リラックス ストレッチ

 

≪ストレッチをする上での基本的なルール≫

呼吸をしながらストレッチを行います。息を止めないように注意しましょう。

②ストレッチ時間は約30秒から1分の間です。

 短すぎると筋肉がリラックスしませんので注意しましょう。

③伸ばす時・戻す時はゆっくり伸ばし、戻します。

 勢いよく伸ばしたり・戻したりしないようにしましょう。

痛みが出た場合は、中止しましょう。

⑤一番大事なのは『伸ばして気持ちが良いと感じる』ことです。

 痛いのを我慢して伸ばすのは逆効果です。

 

①おしりのストレッチ

(1)両膝を立てて仰向けになります。

(2)一方の足を、もう片方のももに乗せるように組みます。

(3)そのままの状態で、両手で膝の裏側を持って息を吐きながら手前に引きつけましょう。

痛みが出ないことを確認して10秒からはじめていき、無理をせず30秒まで行ってみましょう。

お尻のストレッチ 

 

②太もものストレッチ

(1)立っている姿勢から、片方の足を後ろに引き、腰を下ろします。

(2)おなかを前へ突き出すようにしていきます。

※このとき体をまっすぐに保ちましょう。

体が前方に倒れるとストレッチ効果がなくなってしまいます。

痛みが出ないことを確認して10秒からはじめ、無理をせず30秒まで行ってみましょう。

太もものストレッチ

 

③太もものストレッチ 2

(1)床に座り、片方だけ足を曲げます。(両方とも出来る方は両足を曲げます。)

(2)手を後ろにつき、体を倒します。

痛みが出ないことを確認して10秒からはじめ、無理をせず30秒まで行ってみましょう。

太もものストレッチ②

 

④股のストレッチ

(1)あぐらをかくようにして座り、片足は後ろへ伸ばす。

(2)両前腕を床に着けるように身体を前に倒し、10秒静止し、

 身体を少し起こして緩めましょう。

(3)左右の足を入れ替えて同じように行います。

股のストレッチ

 

 

いかがでしたか?

最後にお教えしたストレッチは、今症状が出ている方はもちろん、

出ていない方でも予防になるのでぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

ストレッチをする際は息を止めずにリラックスしながら

ゆっくり行ってみてくださいね。

小郡市で整体なら「つばさ鍼灸整骨院」 PAGETOP