小郡市で整体なら「つばさ鍼灸整骨院」

ボールを投げる時に肩が痛むということでこの記事を読まれていると思います。

野球肩になると投球時に肩が痛いだけではなく、投げるのが怖くなり全力投球できなくなります。

痛みを無理して練習を続けると、痛みをかばう投げ方になり、投球フォームが崩れて本来の正しい

投げ方を忘れてしまいます。

野球 

こうなると、痛みを摂ることと合せて、正しい投球フォームに改善していく必要があります。

フォームの改善、修正となると時間もかかります。

このような点から肩に痛みを感じた時は、できるだけ早い段階で治療をすることが

パフォーマンスを下げずに治す、一番良いのです。

当院では野球肩で来院された際に見ていくポイントがあります。

野球のピッチャー

どんな時に痛むか?

・肩を上げた時

・ボールをリリースする瞬間

・フォロースルー時

・テイクバックで

・試合後

どこが痛むか

・肩の後ろ側

・肩の奥の方

・ハッキリしない感じで肩全体

・肩の前側

・腕の付け根

当院ではここをチェックします

・肩関節の可動域

・投球フォーム

・股関節の柔軟性

・肩回りの筋力

・肩に負担をかける原因の筋肉(股関節、腰、お尻)

野球肩は痛みを感じて、すぐに正しい対処ができれば、改善していきます。

症状の程度や本人の体の状態、治療歴、競技歴、ポジション、練習を休めるかどうかによって

治りの早い遅いはありますが、長年付き合ってきた野球肩でも、改善させていくことが可能です。

全力投球しても全く痛くなく、投げる恐怖心も、再発の心配もないという状態のことを言います。

次回は野球肩での治療法をお話していきます。

小郡市で整体なら「つばさ鍼灸整骨院」 PAGETOP