小郡市で整体なら「つばさ鍼灸整骨院」

あなたは『偏平足』についてご存知でしょうか?

偏平足は土踏まずのアーチが減少する先天性の要因と後天的な要因があります。

現代人は靴や靴下を履く習慣があり、昔よりも偏平足になりがちなのです。

偏平足だと不都合あるの?といった疑問を持つ方も多いと思います。

そんな偏平足の影響や原因、そして改善のために何ができるのかについてお教えします。

 

1.そもそも偏平足って?

2.偏平足のデメリット

3.偏平足の原因

4.偏平足の改善方法は?

5.偏平足改善のエクササイズ

6.まとめ

 

そもそも偏平足って?

足の裏に土踏まずがなく、真っ平らな状態を『偏平足』と言います。

人間は誰しも生まれた時は足の裏が真っ平らな状態で生まれてきます。

普通は成長するにつれ、土踏まずが形成されていきますが、

先天的な遺伝によって偏平足になる人と、足の筋力や靭帯の強さが関係して、

後天的な偏平足があると言われています。

特に近年では外で遊ぶ子どもが減ってきて、足の力が弱くなり、

後天的な偏平足が増えていると言われています。

偏平足の痛み

 

偏平足のデメリット

偏平足を放置していたり、アーチの低下が亢進すると、いろいろな弊害が出てきます。

以下のようなものが主なデメリットです。

  • 足が疲れやすくなる
  • 歩き姿勢が悪くなり、膝痛や腰痛、肩こり、頭痛の原因となる
  • 走り姿勢が悪くなり、シンスプリントなどのスポーツ傷害の原因となる
  • 外反母趾の発生可能性が大きくなる
  • 足裏の血行を阻害してむくみや冷えにつながる

 

このような弊害を避けるために偏平足はぜひ改善した方がいいのですね。

ふくらはぎ

 

偏平足の原因

足の裏にも筋肉が通っていますが、この筋肉がうまく発達していないと、

足のアーチが落ちることになってしまいます。

以下のようなことが原因で扁平足になると考えられます。

  • 歩き不足
  • あわない靴を履き続けていること
  • 足の指がうまく使えないこと
  • 姿勢(X脚など)
  • 歩き方や走り方のフォーム

  (かかとのみに荷重をかけたり、本来の土踏まずの部分を前に出そうとするような歩き方)

歩き方

 

偏平足の改善方法は?

幼稚園〜小学生くらいの年齢で、土踏まずが柔らかく痛みを感じていなければ

無理やり治す必要はありません。成長とともに土踏まずができてきます。

ただ、子どもや大人に関わらず裸足で歩くことは大切です。

裸足で歩くこと

 

時には靴と靴下を脱いで、足と足の指をしっかり使って大胆な遊びを楽しみましょう。

さらに成人で偏平足の方は、ぜひ足の使い方を変えて綺麗な土踏まずを作りましょう。

以下のポイントに留意してください。

 

①足の三点で地面を捉えるようにすること

②X脚を改善すること

③土踏まずに体重をかけるようなクセをやめること

④足の指を使って地面をつかむように歩いたり走ること

⑤足首を柔軟に動かせるようにすること

 

偏平足によりひんぱんに足裏に常に痛みを感じる場合は、治療が必要です。アーチをサポートする装具を

使用したり、アキレス腱を伸ばす方法をとったり、骨移植片を使用して、踵骨(踵骨)を長くする

外科的手術を行う場合もあります。痛みを感じる時はまずは整形外科を受診してください。

 

 

偏平足改善のエクササイズ

 

①足指じゃんけん

偏平足を治すには、足の筋肉をつける必要があります。

特に足の裏の筋肉です。

この足指じゃんけんのやり方はグーのときは足の指を全て内側に曲げます。

チョキは親指だけを上にあげ、他の4本の指を下に下げます。

パーは全ての指を横に開くようにします。

足指じゃんけん

 

最初はなかなか足の指が思い通りに動きませんが、続けてやることによって慣れてきます。

そして足指じゃんけんに慣れてくるころには足の筋肉が

かなりついているはずです。

 

 

②タオルギャザー

①椅子に浅く座る。

②床に広げたタオルの端に足(片足or両足)を乗せる。

③かかとを支点にして、床に広げたタオルを足指全体でたぐり寄せる。

※このとき、かかとを床から浮かさないように!

上手にたぐり寄せることができない場合も、20回程度

(あるいは、足に適度な疲労感が起こる程度)やってみましょう。

上手にたぐり寄せることができる場合は、セット数を増やしていきます。

タオルギャザー

 

まとめ

偏平足は基本的には、足の筋肉を鍛えることで治すことが出来ます。

自宅で気軽にできるトレーニングを使って治すようにしましょう。

偏平足を侮っていると、最悪歩行困難に陥ることもありますよ。

ぜひ参考にして対策してみてくださいね。

小郡市で整体なら「つばさ鍼灸整骨院」 PAGETOP