小郡市で整体なら「つばさ鍼灸整骨院」

不幸にもぎっくり腰にあってしまったとしても、適切な対処を取ることで

ぎっくり腰の症状を軽減することができます。

まず、ぎっくり腰になってしまった時に何をしたらいいのか?

この対処によってその後の状態が大きく変わって来ます。

初期の処置、その後のストレッチなどで大幅に症状が改善されます。

 

《ぎっくり腰の対処法》

1.冷やす?温める?

2.アイシング

3.痛みを軽減し、負担を減らす姿勢

4.ぎっくり腰に効果的なストレッチ

5.痛みを少しでも早くなくすためにできること

6.コルセット

7.入浴

8.飲酒

9.日常生活で気をつけるポイント

10.まとめ

 

1.冷やす?温める?

 

冷やしたほうがいいのか?温めたほうがいいのか?

冷やす?温める?

急に痛くなった場合は、患部に炎症が起こっている可能性があります。

炎症を抑えるために冷やしましょう。

痛くなるきっかけの動作がある場合は冷やす。

だんだんと腰が重くなってきたというような痛みの場合は温める。

どちらとも言えない場合は患部を触って熱感がある

(周りに比べて熱い、温度が高い)場合は冷やすとお考えください。

基本的な考え方としてはいつも感じない急な腰痛になった場合は冷やしてください。

痛みがある部分を触って熱を持っている場合は、すぐにアイシングをして冷やしてください。

熱をとっていくだけでも痛みが軽減し、歩ける程度に回復します。

腰の痛み

 

2.アイシング

冷やすのはどこ?どのくらい冷やす?

痛みがある部分を中心に冷やします。

冷やす時間について

時間は20分です。

冷やし始めは冷たさで痛みを感じます。これは冷感に対する痛みです。

5〜7分経過すると感覚が麻痺して痛みは感じなくなります。

そこから10〜15分かけて体の芯まで冷やしていきます。

20分冷やしたら、1時間あけて、20分冷やす。

その後、1時間あけて20分冷やす、これを繰り返します。

何で冷やすといいのか?

アイシングをする際にいろいろな方法があります。

 

1、アイスバッグ

アイスバッグ

2、手作りアイスバッグ

DSCN2631-300x225

3、保冷剤

保冷剤

4、湿布

湿布

効果が高い順番になっています。

1、アイスバッグ

氷のうです。ドラッグストアに売ってあります。自宅にある方は少ないかもしれませんね。

アイスバッグに氷を入れて、氷が浸かるくらいの水も一緒に入れます。

凍傷にならずに患部を冷やしてくれます。また、素材から水滴がつかないので濡れることがありません。体を無駄に冷やす心配もありません。患部をしっかり冷やすことができます。

直接皮膚に当てて使用することができます。

アイスバッグ

2、手作りアイスバッグ

自宅にアイスバッグはある方は少ないですよね。自宅にあるもので効果の高いアイスバッグを作ることができます。準備するものはスーパーの袋を2枚。スーパーの袋を二重にして、氷と水を3分の1入れてください。これでOKです。このアイスバッグも直接、肌に当てても大丈夫です。

手作りアイスバッグ

3、保冷剤

自宅の冷蔵庫に、買い物をした時にもらう保冷剤でも患部を冷やすことができます。

気をつけるポイントがあります。それは保冷剤は冷え過ぎてしまうことです。よく冷えると良いのでは?とお考えになるかもしれませんが、冷えすぎると皮膚が凍傷を起こしてしまう恐れがあります。保冷剤でアイシングをする際はキッチンペーパーや布巾で覆って使用してください。

保冷剤

4、湿布

一般的な湿布には炎症を抑える効能があります。冷湿布と温湿布がありますが、ぎっくり腰になった際には冷湿布を使用してください。ただし、湿布そのものには冷却効果はないのでアイシングという効果は期待できません。

湿布

 

3.痛みを軽減し、負担を減らす姿勢

ぎっくり腰になった場合、姿勢によっても痛み、負担を減らすことができます。

負担を減らす姿勢

1、仰向けに寝る

仰向け

2、椅子の上に足を乗せる

イスに足を乗せる

3、足を開いたほうが楽な場合もあります。

イスに足を乗せて開く

↓動画でもチェックできますよ♪

 

4.ぎっくり腰に効果的なストレッチ

腰のひねり

1、仰向けに寝て膝を立てる

仰向け

2、左右に膝を倒し、痛みの感じ方を確認します

右に足を倒す左に足を倒す

3、痛みを感じにくい方に膝を倒し、20秒数えます

右に足を倒す

4、痛みを感じる方に膝を倒し、20秒数えます

左に足を倒す

左右それぞれ3回ずつ行います

痛くない範囲で行なってください

↓動画でもチェックできますよ♪

 

5.痛みを少しでも早くなくすためにできること

水を飲む

水を飲む

水分を摂取することで排泄を促します。

主に尿で体内の老廃物を排出するのですが、ぎっくり腰になった場合、

患部の発痛物質を取り除くことが大切になります。

お茶やスポーツドリンクよりも水がいいです。

水分をいつもよりも多めに取ることで早期改善につながります。

6.コルセット

コルセットはつけたほうがいいのか?

ぎっくり腰になった場合コルセットを装着すると楽に動ける場合があります。

痛くなった時の応急処置から回復期に装着することで安心できることがあります。

コルセットを装着する際は気をつけるポイントが2つあります。

1つめは装着する場所に気をつけてください。

コルセットを腰に巻くというイメージがあると思いますが

骨盤を締めるというイメージで腰よりも下の部分に装着してください。

コルセットの間違った着け方 コルセットの正しい着け方

2つめは装着する時間です。

楽に動けることと安心できるのでついついコルセットを頼りにしてしまい

常に着けていることになりがちです。

痛みが治まるにつれてつける時間を減らしていきましょう。

日中→仕事中だけ→仕事の重いものを持つ時だけ

というように徐々に減らしていくことが大事です。

また、就寝中のコルセット装着は避けてください。

コルセットに頼り切ってしまうことで腹筋が衰えて、ぎっくり腰の再発、慢性的な腰痛につながっていきます。

コルセットに頼らずにすむのであればそれに越したことはありません。

大事なポイントはコルセットを着けていることで動けることに過信して無理をしないということです。

7.入浴

ぎっくり腰になってしまった場合、温めることで症状が強くなり

痛みが増してしまうことがあります。

痛みが出て2〜3日は入浴は避けてください。

患部の炎症は2〜3日で治ります。

炎症が治れば、入浴で温め、血行をよくすることで患部の修復を図ります。

入浴

8.飲酒

飲酒によりアルコールを摂取すると体内の血行が良くなり、炎症の悪化を招いてしまいます。

お酒を飲まれる方は、ぎっくり腰の痛みが少しでも早く良くなるように、3日間はお酒は我慢してください。

禁酒

9.日常生活で気をつけるポイント

痛みがあり、姿勢を変える時に激痛が走ることがあります。

少しでも負担を減らして、痛みが出ないような姿勢の取り方をご紹介します。

寝返り

膝を曲げながら、体全体を前に丸めて寝返りをしてください。

 

起き上がり

一度横向きになり、腕の力を使って体を起こしてください。

痛みが出ない方に横向きになって起き上がるのがポイントです。

 

立ち上がり

両足を肩幅に開き、両手を膝につき立ち上がります。頭を垂直に持ち上げるイメージで立ち上がってください。頭が前に突っ込む形で立ち上げると腰への負担が大きくなりますので気をつけてください。

 

10.まとめ

ぎっくり腰は命に関わるものではありませんが、一度なってしまうと、強い痛みとしばらく付き合っていくことになります。仕事や家事、日常生活へも支障が出てしまいます。

ぎっくり腰になってしまった時は慌てず、正しい対処ができると症状を軽減することができ、長引かせることなく早期回復へつなげることができます。

ぎっくり腰にならないように予防する。なってしまったら、正しい方法で対処する。

そして再発を防ぐ。

他人事と思わずに、日々の腰の負担を減らすように気をつけましょう。

小郡市で整体なら「つばさ鍼灸整骨院」 PAGETOP