小郡市で整体なら「つばさ鍼灸整骨院」

頭痛や歯痛、肩こりや生理痛など、日常生活で頻繁に起こる痛みに対処するために、

痛み止めを服用されている方は多いかと思います。

市販薬は、日常的に手軽に購入することができ、

私たちにとって最も馴染みがあるお薬といえます。

しかし、手軽に手に入るからこそ、痛み止めを飲みすぎてしまうと

副作用の危険があることはご存じでしょうか?

今回は、痛み止めを飲みすぎた場合のリスクや、注意点などについてお教えしていきます。

 

痛みにも種類がある!?

「痛み」と聞いて皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?

痛みにも大きく、3つの種類があります。

  • 侵害受容性疼痛(しんがいじゅようせいとうつう)

一般的な痛みのイメージはこちらだと思います。

怪我をした、足をひねった、歯が痛い、喉が痛い、胃が痛い、火傷、筋肉痛など、

原因は、体のどこかで炎症がおきている場合がほとんどです。

歯痛

 

  • 神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)

神経に障害(切断や圧迫)がおきたときにおこる痛みになります。

侵害性受容性疼痛と比べて、長引いたり、治療が難しいことがあります。

腰の痛み

 

  • 心因性疼痛(しんいんせいとうつう)

身体に問題がないが、心理的、社会的な要因によって起こる痛みです。

ストレス

 

通常痛みに用いられる痛み止めは、非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれる薬です。

ステロイドでなく、炎症を和らげる薬という意味で、鎮痛や解熱の作用があります。

炎症のあるところで産生され、疼痛や発熱を起こすプロスタグランジンという物質がありますが、

これを産生する酵素を阻害するために、これらの物質が作られなくなって、

鎮痛や解熱作用を発揮します。

薬

痛みの種類に応じて、せっかくお薬を飲んでいても効果がないということもあります。

一般には、非ステロイド性抗炎症薬(内服薬や湿布)が効果があるのは、

侵害受容性疼痛に対してで、神経障害性疼痛に対してはあまり効果がありません。

(例外もあります)

お薬を飲んでいても症状が改善されない場合は、

すぐに病院を受診し、原因を特定し、治療に専念しましょう。

 

お薬を飲む量とタイミング

痛み止めを飲む量やタイミングは、販売に至るまでの臨床試験で

安全かつ効果が認められる範囲で決定されます。

痛みが激しいからといって、自己判断で通常の指示量より多く飲んでしまうと、

期待される効果よりも副作用の危険性が上回ってしまい、大変危険です。

痛み止めを服用する場合は、自己判断で、飲む量・タイミングを調節したりせずに、

必ず決められた用法・用量どおりに服用するようにしましょう。

薬の副作用

 

痛みは体からの警告信号

体に起こる痛みは、体からの警告信号になります。

体に異変があるからこそ、それ以上、体に無理をさせないようにするために痛みが生じます。

たしかに、今日販売されている痛み止めは、素晴らしい鎮痛作用が期待できます。

ただし、効果があるからこそ、痛みという体の警告信号を

無視させてしまうものにもなりかねません。

 

痛み止めを服用したからといって、根本的な原因が良くなるわけではなく、

あくまでも対症療法になります。

痛み止めを多量に服用するのではなく、自分の体の痛みにしっかりと向き合い、

早めに医療機関を受診し、原因から治療していきましょう。

薬を飲む

お薬が効かなくなった場合は、お薬が原因ではなく、

ご自分の体調の変化や、他の病気を疑うようにしましょう。

お薬が効かない場合は、

①症状に合っていない ②症状が悪化している ③原因が他の疾患にある

などといった原因が考えられます。

このような場合は、いくらお薬を飲んでいても、症状は改善せず、

逆に症状を悪化させてしまう可能性があります。

 

注意が必要な副作用とは?

痛み止めは、効果が期待できるお薬であるほど、副作用のリスクもあります。

副作用としては特に、胃腸障害、とりわけ胃粘膜への負担があります。

程度には個人差がありますが、軽い胃の痛みから、激痛により

立ち上がれなくなる方もいらっしゃいます。そのため、胃腸が弱い方や消化潰瘍の方は、

服用には注意が必要です。長期に連用していると腎機能障害をきたすこともあります。

・空腹時での服用を避ける
・胃薬と一緒に服用する
・胃を保護する成分が一緒に配合されているようなお薬を選択し、服用する

などの対策をしましょう。

 

痛み止めを減らす方法

痛み止めを減らすには、徐々に痛み止めを飲むことを少なくしていきましょう。

いきなり止めてしまうと、痛みが強くなったり、非常にストレスになってしまうこともあります。

ストレスにならないように、徐々に減らしていきましょう。

例えば、一日に2回飲んでいたのなら、1回に減らす。

1錠飲んでいたのを、4/3錠や2/1錠に減らすなど…

ちなみに痛み止めはハサミで切れます。うまく切れない場合は、

ドラッグストアなどでピルカッターが

販売されていますので、そちらを利用しても良いですね。

 

痛み止めは気軽に服用する機会が多いからこそ、副作用やリスクを

しっかり把握することが大切になります。

薬は「異物であり、毒でもある」ということを理解し、

用法容量を守って薬を服用するようにしましょう。

また、効かないからといって薬の飲みすぎは厳禁です。

市販薬の量を増やすのではなく、効かないな、と思ったら

早めに医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

小郡市で整体なら「つばさ鍼灸整骨院」 PAGETOP